桜満開

急に暖かくなって桜が満開 実家に行く時に福岡城址に寄ってみた。 前日テレビで見た天守閣跡から桜の絨毯をぜひ見たかったので。 久々の福岡城址はまだ9時前に人がたくさん。 最近は外国人ばかりの福岡。 桜祭りとかで派手な看板があちこちにあり、ライトアップ用の機材が風情を欠いて非常に残念。 ライトアップとかしなくても夜桜は十分綺麗なのに・・・ でも、天守閣跡からの桜の絨毯、その向こうに福岡の街並みがとても綺麗。 田舎の桜よりやっぱりビルの中の桜が良いな~と改めて思う。 先週、おにいちゃんは無事帰国。 空港から久々に家に帰ってきて2泊。 1日以上かけての飛行機の旅、羽田で初めて一人でホテル宿泊で疲れてたけど、帰ったらすぐに地元の友達に会いに行っていた。 夜遅く羽田のホテルに着いてセブンでうどんを買ってホテルで食べたら、関東仕様のうどんで不味かったらしい 笑 お土産はイースターエッグが好きな私のために、イースターマーケットで可愛い飾りを、妹にはスノードーム。 バターやチーズ、コーヒー、チョコレートなど、やっぱり食べ物が多かった。 お友達の家は裏に森や城壁があるような広大な場所で、お父さんのオーストリア料理も美味しく、16才からお酒OKなので毎晩ビールやワインを飲ませてもらえたらしい。 ウィーンも見応えがある街だったらしいけど、ザルツブルグやミュンヘンへの列車の旅、ホテルも一人3千円くらいで素…

続きを読む

オレゴンから

毎日オレゴンから届く便り、相変わらず食べてばっかりのようだけど、ちゃんと勉強してるのかな? 通ってる学校で台湾人の男の子と仲良くなったようで、一緒に映画に行ったり楽しそう。 他の国の子供達とも会話は必然的に英語になる、これこそ私が期待していたCulture Exchange、異文化交流、きっとかなり本人の為になるだろうな(^O^) 20数年前、私がカナダと米国をウロウロしてた時、語学学校で仲良くなった日本人の女の子がシアトルでボーイフレンドと暮らしていたので、彼の長期出張中に遊びに行った。 彼女と毎日シアトル周辺で遊び歩いてたら、彼が出張から帰ってくる日、なかなか自宅の彼女が電話に出ないと、血相変えて帰ってきた。 その頃はまだ携帯がなかったので、独占欲が強そうで心配性、アメリカ人にしては珍しくおおらかさが全くない彼は、高速のSA毎に自宅に電話を入れてたらしい。 いきなり初対面で「あんまり彼女が電話にでないから、Youが彼女を殺したんじゃないかと思ったよ」とかなり真剣な顔で言われたから私はかなり引いてしまった。 そのへんな彼の出張について私たちもアイダホに行くことになり、彼の相棒の若い金髪のおにいちゃんの車で私は出発。 シアトルからアイダホまでは1日ドライブ。 車にはねられた鹿やスカンクの死体が時々現れる砂漠の中のハイウェイをひたすら走る。途中、スピード違反でパトカーに捕まり、いきなり銃を突きつけられたり、アメリカならではのドライブだったけど、車…

続きを読む

ペンジャロン

最後に海外に行ったのは結婚する前だから18年前。 父の従弟のタイ赴任最後の年に叔父が訪ねることになり、私もお供で行けることになった。 チャオプラヤ川のそばのヒルトンホテルに滞在し、叔父はゴルフ三昧、商社の方がご夫婦でアテンドしてくれる豪勢な4日間。 今までホームステイが主の私には体験したことがない、至れり尽くせりの旅でした。 タイ料理はとても美味しく、4日間の滞在中、中華やイタリアンも堪能し、ショッピングやタイ式マッサージにも運転手付きの車で連れて行ってもらえる贅沢な滞在。 最後の一日はアユタヤへ1人でツアーに参加、寺院や遺跡を巡り、帰りはチャオプラヤ川をクルーズでバンコク市内に帰る楽しい旅でした。 その時、そのご夫婦からお土産に頂いたのが、タイの伝統磁器ベンジャロンと言うらしい。 引っ越しのゴタゴタで無くなったと思ってたら、先日実家に行ったときに偶然見つかった。 また、タイに行けるよう願いを込めて、我が家の玄関に飾りました(^O^)

続きを読む

HAPPY EASTER

今年のイースターは4月5日。 桜が咲いて春爛漫になったころにイースター、復活祭。 カソリックの学校に行った私には馴染みの復活祭、最近TDLやUSJでイースターイベントが人気になってきたので一般にの知られるようになってきたけど、キリスト教の知識がないとちょっと難しいかな。 でも、町にイースターエッグやバニーがあふれてるのは、春が来たって感じで楽しいけど。 20年近く前にカナダのバンクーバーに語学留学で長期滞在したのが4月から。 学校が始まってのすぐに金曜日から月曜日までのイースターホリデーになった。 一緒のホームステイ先のみゆきちゃんとダウンタウンに行き、マイケルJフォックスの映画を見て、シーバスという船ででノースバンクーバーに行き、浪花屋という居酒屋で思い切り日本食を食べた。 日本人に人気の浪花屋は、一歩入るとJAPANで焼き鳥や鍋料理に涙が出そうだった。 初めてのひとりの外国はいろいろと大変なこともあったけど、それまでフワフワ生きてきた私には人生の基礎ができた貴重な体験。 イースターというと思い出すのはバンクーバーの浪花屋。

続きを読む