春休み

娘は3月から研修開始。 卒業しても制服を着て毎日研修。 とても退屈で眠いらしいけど、研修所の食堂のご飯が美味しく、とても親切で優しいおばちゃんに癒されてるらしい。 中途採用のお兄さんや大卒のお兄さん、高卒4人組のメンバーも面白く、日当も出るらしいと頑張っている。 一方、2月に日本語学校でのインターンシップを終えたおにいちゃんは楽しみにしていたウィーンに出発。 高校の同級生で一番仲良かったオーストリアとのハーフのM君が、春休みウィーンに住むお父さんのところで過ごすので、お母さんからぜひと誘われ10日間ほど滞在させてもらうことになった。 カタール航空が安くて乗り継ぎも良いということで、中東経由は心配だけど飛行機も機内サービスも良いということで決定。黄金に輝くドーハ空港の写真を見ておにいちゃんはワクワク。 福岡空港から羽田、バスで成田、ドーハを経由して30時間くらいかかる一人旅。 おじいちゃんと妹にも見送られ元気に出発した。 ドーハまでは約12時間、夜のフライトだったので良く眠れ快適だったらしく、ドーハ空港から元気にライン電話がかかってきた。 それからウィーンまで7時間、M君のお母さん経由で空港での写メが届いた。 それから1週間、ラインの写真以外は音沙汰なし。 M君とふたりザルツブルグからドイツのミュンヘンに旅してる模様。 オーストリアと言えば、モーツアルト、マリアテレジア、ウィーンの大観覧車、サウンドオブミュージック。 …

続きを読む

卒業おめでとう

長かった高校生活、部活が終わるとあっという間に卒業になった。 12月末で卒部になったのに、何かと先生に呼び出される3年生。 卒業前一週間までイベント出場があったり、コンクールの補助員をさせられたり、先生の愚痴を聞かされたり・・・ なかなか3年生を離したがらない先生・・・ 最後のイベント演奏では、後輩を立てて控え目に吹くと言ってた娘、当日は思い切り吹いていて娘の音しか聞こえなかった(笑) でも、何のプレッシャーもなく今までで一番楽しく吹けたと、3年生一同楽しそうに笑ってた。 最後に楽しい演奏良かったね。 卒業式はスポーツ部も文化部も強豪校なので、壇上には優勝旗がたくさん並んだ誇らしい卒業式だった。 心配だった後輩たちの演奏だったけど、式の前に演奏が始まっただけで涙が出そうだった。 入学式に初めて演奏を聴いたとき、あまりの美しい音に衝撃を受けたのがついこの前のよう。 母子とも本当に濃い高校3年間だった。 卒業式の後の親子参加の部活のお別れ会。 その前にこれまでの3年間に撮りためた写真をフォトブックにしたところ、母たちは大変感激してくれた。 お別れ会で先生にもプレゼントすることになった。 お別れ会は先生ともになごやかに盛り上がり、先生と何枚も記念撮影する子供たち。 最後は母たちから、定演最後の子供たちと同じ音楽、同じ形式でご挨拶。 大笑いしながらも、母も子も泣きながら先生へ感謝の言葉を述べまし…

続きを読む

卒業前

卒業前、学校がお休みになった娘はお友達とディズニー2daysを楽しんだ。 初めての東京だけど、東京に就職するお友達と一緒なのでちょっと安心。 前日からの雪が心配だったので福岡の実家に前泊。 なんと手配してくれたHISのお兄さんが心配して前日に電話をしてきて下さった。 おにいちゃんのウィーン行きの手配もとても親切にしてくれたお兄さん、無事東京に到着し、ディズニー行きのバスに乗れた旨お電話するととても喜んでもらえた。 今時はネットで手配が主流だけど、やっぱり大手の旅行社だと、特に初心者は安心かも。 寒い中、10時近くまでディズニーを楽しんだ娘、最近のJKは制服を持ってディズニーに行くのが人気というのもびっくり。 原宿、浅草、渋谷も楽しんで元気に帰ってきた。 一方、初めての一人暮らしのおにいちゃん。 がんぱって自炊をしてるらしい。 業務スーパーで食材を買い、ブタコマだらけ、鶏のもも肉だらけの献立が続いたりしてるようだけど、2月に始まったインターンシップにはお弁当を作って通ってると聞いてびっくり。 台所用品の設備にはかなりいろいろお金を使ったみたいだけど、シリコンスチーマーや丼物を入れる保温弁当箱などが活躍してるらしい。 年末の定演が終わってもまだ部屋がチョモランマ状態の娘とは女子力違い過ぎ~ 急に自由時間が増えた娘、母子で福岡の実家にお泊まりする時間もできるようになった。 節分は近所の神社の豆まきに博多座出演中の中村屋…

続きを読む

1月ももう終わり

バタバタしてる間にいつの間にか1月ももう終わり・・・ 昨年末は娘の最後の定演で終わり、年明けから自動車学校、おにいちゃんの試験から引っ越し。 その間に3月のウィーン行きの手配、娘の卒業ディズニー旅行の手配・・・などなど。 あっという間に1月は終了~ ただ部活がなくなったので、土日にゆっくり眠れる日が増えたのがうれしい。 娘も早く帰る日も増え、一緒にご飯を食べる日も増えた。 卒部前は悲しいような複雑な気持ちだったけど、終ってしまうとこの解放感。 娘ももっと悲しむかと思ったけど、やっと高校生らしく楽しい日々を送っている。 一番悲しんでるのは顧問の先生かも。 娘たちの代への思いがとても深かったようで、先生の最後の保護者宛てのお手紙には保護者への感謝の気持ちがたくさん書かれていた。 そして、驚いたことに同じ中学出身者だけの新年会に誘うと、ビールをたくさん持参して参加されたこと。 娘と私は他の用件で欠席してたら、テレビ電話がかかり、皆と一緒に先生が「早く来ーい」って叫んでいた。 慌てて参加した私たち母子。 娘が明日までに就職先に郵送する課題があると言うと、次の日先生が手伝ってくれることになった。 帰るときに私が再度、「先生、明日絶対課題やってよね」と念押ししておいたら、次の日ホントに手伝ってくれたらしい。 それ以来、先生に宿題を手伝わせた最強母子と言われております(*^_^*) 鬼の顧問と言われながらも、ホントに愛情深い素晴…

続きを読む

良いお年を

今年もお世話になりました。 来年は娘は高校を卒業して社会人に、息子は一人暮らしを始めます。 私は一気に暇になることを期待してますが、まだまだ手がかかりそうな子供たち。 実家の両親も少しずつ弱ってきてるので、出来る限りのことをしてあげたいと思ってます。 今年始めた御朱印集めも少しずつ集めて行きたいです。 皆さま、良いお年をお迎えください。 来年もよろしくお願いします。

続きを読む

卒部までのカウントダウン

今月末の定演で卒部の娘たち。 11月は養護学校での演奏、ハンドボールの試合のハーフタイム演奏、春高バレーの決勝の応援演奏。 聞き納めの曲もたくさんあり、撮影しながら涙する母たち。 バレーは3年連続県大会優勝の瞬間を見ることができた。 11月で全てのイベントが終わり、あとは定演までの鬼の日々。 最後の定演、自分の楽器演奏の他に歌ったり踊ったりする子がいる中で、娘だけは楽器に3年間専念。 ソロパートも多いためプレッシャーも半端なくイライラの日々が続いている。 普段は先生に不満ばっかり言ってるくせに、不安が募ると先生のとこに通い詰める娘。 先生は「本番が近付くと、そろそろ来るなと思ったころにやってくる」といつも笑われている。 「おまえは色気も愛もないからラッパがヘタクソ」と言われたらしい。 「母ちゃんがサバサバしてるからな~」とも((+_+)) 始発で行き10時近くに帰り、5時前に起きてエア練習や勉強の日々もあと少し。 部活が終わるのは寂しいけど、ハードな日々に母子で疲れてきたこの頃・・・ 一方、通学時間の長さに加え、大学生活が忙しいおにいちゃんは1月末に大学近くのアパートに引っ越すことになった。 自分で友達と同じアパートを見つけ、アルバイトを頑張って引越し費用を貯めている。 引越し準備や買い物、1月には試験もあるし、2月はインターンシップ、3月はウィーンに行く予定のおにいちゃん。 大学生活満喫中…

続きを読む

便乗の鹿児島旅行

娘たちの最後のマーチングコンテストの九州大会は今年は鹿児島、2年続けて大分だったので、昨年から狙って積み立てをしていた母たち。 早朝に車で行く父兄が多い中、迷いもなく新幹線で前日入り。 車では4時間近くかかる中、新幹線では1時間半。 子供たちを見送った後に出発。 でも、九州大会までのハードな一か月、風邪で体調を崩す子が多く、うちの娘はなんど3日前にバスケで左手のくすり指にひび。 先生にも他の部員たちにも絶対内緒にしたいと、こっそり病院に行き、取り外しのできる薄いギブスをして出発。 途中熱が出て病院に行った子もいて心配の中、鹿児島に着いたらすっかり忘れ母たちはお昼は薩摩ラーメン、夜は黒豚しゅぶしゃぶの宴会で盛り上がってしまった ホテルも桜島が目の前に見え、桜島を眺めながら入れる温泉もあり大満足。 大会当日は日帰りで妹も早朝に到着。  心配した娘の指は幸い演奏に影響はほとんどなく、熱があった子も元気に会場入りしていた。 人数が多い学校が多い中、少人数の娘の学校はなかなか不利で銀賞だったけど、音も動きも綺麗に揃った良い演奏だった。娘のソロも今回はちゃんと吹けた。 表彰式後に娘たちの学校の列に来て、ここ数年の中で一番良かったと誉めて下さった審査員や大会関係者がたくさんいたらしい。 中学校の時の顧問の先生も、マーチングの王道でとても良かったと感想がメールさ…

続きを読む