ダイヤモンド婚式

実家の両親が無事にダイヤモンド婚式を迎えました。 今年になって腰の圧迫骨折など具合がイマイチの母はすっかり元気をなくし家に篭りがちだったので、お祝いは孫たちが揃う日曜日のお昼に自宅ですることに。 当日は父の好きな水炊きやお寿司を中心に準備。 姪と娘でバルーンで飾り付けをしてくれた。 九州場所前だったのでちょうど銀婚式くらいから親しくしてる親方夫妻、幕下のお相撲さんもお花を持ってお祝いにきてくれた。 思わぬお祝いに両親も喜び、にこやかにお祝いをすることができた。 60年、お商売など大変なこともあったけど、87才と80才、まだまだ自宅で自由に動けて暮らせることはありがたいこと。 これまで娘たちや孫たちにたくさんの愛を注いでくれた両親には本当に感謝です。 次は孫の誰かの結婚式、ひ孫が生まれるのを目標に頑張ってね。

続きを読む

縁の神社

以前から御朱印を頂きたかった黒田家縁の光雲神社。 やっとお参りできました。 桜の名所の西公園にある神社。 4才の頃に公園に上がる坂道の下に住んでいたので、毎日坂道を上り、神社の石段で遊んでいたうら覚えの記憶があった。 住んでたアパートは無くなっていたけど、神社の石段はそのまま。 お賽銭を上げると鶴が鳴く本殿。 社務所にはおばあさんがひとり。 足腰がご不自由そうだったけど、御朱印を頂いた後しばらくお話をして下さった。 以前ここに住んでいた話、佐賀から来たと言うと、「きっと良いことがありますよ」と。 両親が来月ダイヤモンド婚式を迎えると話すと、とても祝福して下さった。 やっぱりお参りに来て良かった。 ここは坂道から車で上って神社の前まで車で来れるので今度は両親を連れてこよう。 境内の奥は展望台になっていて、博多湾が見渡せる。 橋フェチの私には嬉しい荒津大橋が目の前に、実家の近くの博多タワーまで見えた。 触ると幸せになるという、戦争で焼けても伸び続けた「幸福の木」もしっかり触ってお願いしてきした。 最近、限定御朱印をメルカリやオークションに出品する罰あたりな人間がいるらしいけど、何でもありの世の中にはホントにびっくりする。 御朱印はコレクションではなく参拝の証。 お参りすることで良い出会いもあるし、何よりも日々の感謝をすることが大切なことだと気づかせてもらえる。 ありがたいことです。

続きを読む

幸せな誕生日

またひとつ年を取りました 今年の誕生日は三連休の初日。 娘は従姉とディズニーに行くと東京へ。 今回は初日に友達に会うと従姉より1日早く出発、一人旅の飛行機やホテルも心配してたのに、なんとお友達から仕事で会えないと前日に連絡が・・・ 一人でどうやって過ごしたらいいかと落ち込む娘。 でも東京着は午後、比較的初心者でも歩き易い原宿の行き方やホテルの行き方を教え、不安ながらもどうにか出発。 ホテルはダブルのシングル使用で、写真を見るととてもかわいい部屋、一人旅も経験が必要、ママも東京で当日ドタキャンされたことあるよ、などなど、叱咤激励して送り出した。 幸いホテルにも無事到着、原宿でクレープも食べ買い物も出来たらしい。 従姉とも無事合流、ディズニーシーや恵比寿のガーデンプレイス、時計広場、下北沢の古着屋まで楽しんで無事帰ってきた。 娘を送り出した私は実家で息子と合流、妹も一緒にバースデーランチ。 息子からはLUSHのバスグッズ、妹からはキーチェーンをもらった(^.^) その後10年ぶりに以前英語学校で一緒に働いていたお友達と再会。 彼女主催の英語カフェに参加した。 日本人だけでも英語トークは恥ずかしいと思っていたけど、なかなか充実した内容で、参加されてる方たちも意欲的で楽しめるトークタイムだった。 今度はぜひ進行役をやらせてもらえるようお願いした。 トーク終了後、お店の電気が消えた、と思った…

続きを読む

いつの間にか秋・・・

何かと忙しかった9月・・・ 週末はほとんど福岡で過ごしたので家の中がすごいことに。 特に娘の部屋はチョモランマ・・・ 9月は後輩たちのマーチングコンテストがあったため、仕事帰りに何度も練習を見に行っていた。 私も気になって一度見に行ったけど、観客席から熱心に指導する娘の姿に妙に感心してしまった。 でも、相変わらず鬼の先生、指導の仕方にダメ出しが入る。 「卒業しても怒られるのは私だけ」と怒る娘。 当日は良い席で応援するため6時出発で応援に行った。 卒業生の母たちも応援。 生徒たちがかけ声を出してアリーナに飛び出してくる瞬間、観客席から「○○校、ファイトー」と声をかけるのが慣習になっている。 3年間、その瞬間いつも泣きそうになってたけど、娘は初めて声をかける立場になって泣いてしまったらしい。 「ママたちは3年間で6回泣いたよ」っていうと笑っていた。 結果、今年は僅差で代表になれず、20年連続の記録が途切れてしまった。 表彰式の後、立ち上がれず泣いてる後輩たちや泣いてる後輩母たちの姿に先輩母たちも涙。 娘はコンテスト前までは自分のことのように緊張して具合が悪くなりそうって言ってたけど、案外サバサバと後輩たちをハグして慰め、「さあ、関ジャニコン行こう」 そのままヤフードームのコンサートに行く元気な母娘。 なんと今回はメインステージが肉眼で見え、隣は花道という神席 しかも私たちのすぐ横で亮ちゃんやヤスが立…

続きを読む

意外と橋フェチ?

最近私は橋フェチではないかと娘に言うと笑われた。 橋を見るとなぜかテンションが上がる。 先日フェリーで神戸に行った時も船のHPで朝5時過ぎに明石大橋を通過と知ると、絶対起きようと張り切っていたし、山口県の角島の島を繋ぐ橋を見ると行きたくてたまらなくなった。 うちのベランダから遠くに見える筑後川にかかるピラミッド型の橋が天気によって見えると朝から嬉しくなる。 一番見たいのは宮古島の宮古大橋。 福岡から直行便も飛び出したし、ぜひ一度行ってみたい。 そして日本最南端の神社、宮古神社にもお参りしたい。 あと沖縄の古宇利大橋と波上宮。 私の老後の趣味は橋と御朱印に決定 笑 宮古島や沖縄はちょっと遠いので近場で橋を探さねば。 御朱印は近場では脊振神社、社務所がお留守の時も多いらしく山の上なので必ず確認した方がいいらしい。 柳川市の日吉神社は御朱印が月替わりで、限定御朱印もあるので要チェック。 9月は花嫁船の限定御朱印なのでぜひお参りしたい。 ちょっと遠いけど宮崎県の高千穂。 高千穂神社と天岩戸神社はパワースポットらしいのでぜひぜひお参りしたい。 日帰りも可能らしいので涼しくなったらぜひ行ってみたいところ。 御朱印は参拝の証、コレクションではないので、御朱印目当てだけで行ったり、人に頼んだりは基本しないことにしている。 必ずきちんとお参りをして感謝を込めて頂きたい。 すると不思議と心落ち着くもの。 やっぱり神社には不思議な…

続きを読む

夏休みいろいろ

1年目の新入社員のため分散して休みをもらう娘。 私も娘に合わせて休みにしたので、娘がずっと見たがっていた劇団四季のリトルマーメイドを見に行った。 私は初めての劇団四季&シティ劇場。 思ったより狭かったけど、真ん中通路後ろのど真ん中の良席。 実は実家がお世話になってる不動産屋さんから前から3番目のご招待券を頂いたのだけど、平日のため妹母娘が見に行った。 それでおばあちゃんが私たちの分を経費?にしてくれたので良い席を買うことができたのだ(*^_^*) 妹たちが観た席はちょうど舞台と目線が一緒だったらしく、王子様がバラードを歌いだしたとき、姪の前に来てずーっと姪の顔を見て歌ってくれたらしい。 姪はなんと椅子に立て膝して見てたらしく、足を降ろすに降ろせずそのままの状態で聞いてたという、ちょっと笑ってしまう観劇になってしまったらしい。 リトルマーメイドは海の中のシーンが素晴らしく、フライングしてるのに泳いでるような動きが綺麗で見惚れてしまった。 アリエルも可愛くて王子様はイケメン、セバスチャン役の人が特に素晴らしかった。 でも、ミュージカルはやっぱり日本語の歌が気恥ずかしい。 英語で見てみたい。 昔ロンドンに行ったときにミスサイゴンを見たけど、半分くらいしかわからなくても凄いミュージカルで最後はボロ泣き。劇場から出た時まだ夕方だったのでメチャ恥ずかしかった。 娘は今日は福岡の能古の島に向日葵を見に行った。 私も昔良く遊びに行っていた島で季節ごとに…

続きを読む

プチ船旅

初めての甲子園観戦、娘たちは学校からの応援団と一緒に前日からバスで出発。 母たちは年を考えてフェリーで一泊、帰りは神戸からの新幹線の応援ツアー決定。 出発前に学校に行き帽子、タオル、メガホンの応援グッズをいただく。 夜の7時に別府を出航するプチ船旅気分。 別府の夜景がとっても綺麗。 応援ツアーということをつい忘れてレストランで9時まで酒盛りしてしまう母たち。 関西までのフェリーの旅は中高校生の頃家族旅行でよく使っていたのでなつかしい。 9時に食堂が閉まったので大浴場に行って寝る準備をしてもまだ10時。 明日の朝は7時前に到着だけど5時半に明石大橋を通るということで早めに就寝。 二段ベッドだけど船のエンジンの振動が適度に心地よく5時までゆっくり眠れた。 5時過ぎにデッキに出ると寒いほど。 朝日の中に明石大橋が見えてきた。 通過時間が日の出というナイスタイミングで久々の美しい景色に癒される。 港からバスと電車を乗り継ぎ甲子園へ。 電車の中で私たちの荷物を見て監督の同級生という神戸のOB女性から話しかけられる。 久々の甲子園ということで応援に駆け付けたらしい。 駅を出たらすぐ球場が見えると思ったら高速道路の陰で全然見えない 甲子園球場の全景を撮るのにちょっと苦労する。 そして憧れのアルプススタンドへ。 中学の時からずっと見てた高校野球。 アルプススタンドのいろいろなドラマを見てき…

続きを読む