触れ太鼓

画像


両親のダイヤモンド婚式も無事終わり、たくさんの人にお祝いされて少し元気になったおじいちゃんたち。

11月の九州場所初日前日に、呼出さんからのお祝いで触れ太鼓が家まで来てくれた。

普通個人の家には来てくれない触れ太鼓、8人の呼出さんが太鼓を持って来て、マンションの玄関で口上を述べ、初日の取組を披露。

なんと一番目は母の大好きな安美錦関の取り組み。 昨年母の為に手形をもらってきてくれた呼出君、ちゃんと覚えてて一番にしてくれていた

呼出君の粋なプレゼントに皆感激、涙が出そうなお祝いでした。 貴重な体験なので息子も娘も娘の友達も呼び、近所の方たちも見物に来てくれた。

中学を卒業してから20年以上頑張っている呼出君、中学の時はやんちゃでいろいろとあったみたいだけど、がんばって修行して今では立派な十両格呼出。 自分の中学時代をしってる私には頭が上がらないっといつも笑っている。

本当にありがとうございました。

画像


就職して遊び回ってる娘だけど、11月は春高バレーの決勝戦の応援演奏にまたまた呼出し。

今回は唐津での開催だったので、母たちは試合後に海鮮ランチを目論んで応援に。

さすがに部活ジャージは嫌がり黒い服で行った娘、普通に溶け込んで演奏していた(笑)

試合は残念ながら僅差で負け。 連続記録が途切れてしまったけど、素人目にもとてもおもしろく良い試合だった。

最近は外国人が集中している唐津。 お目当てのお魚村は団体客のみしか入れなかったので、海辺の虹の松原ホテルに行ってみたら食堂はとても空いてて、海を見ながら海鮮丼などゆっくりと食べることができた。 しかもとっても安い。

画像


就職してから電車通勤の娘、通勤は良くてもいろいろと不便な田舎の暮らし、とうとう車を購入することになった。

近所の駐車場がまず確保できたので車屋さんに電話すると、お得意さんに譲ろうと取っておいたというお得な軽自動車があった。 早速見に行った娘はとても気に入り、若者の必需品Bluetoothも付けてもらってお得な金額で購入することができた。

思いついてから納車まで10日あまり、やっぱり車などはご縁があるとスムーズに決まっていくものだな。

納車のとき、助手席に置いてあったお祝いのシャンパン、未成年なのでノンアルでした

"触れ太鼓" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント