平成から令和へ

画像


私と娘は10連休。 娘は初韓国に初宮崎。

私はずっと実家で過ごしたかったけど、娘の送迎の都合などで連休中家と実家を3往復の連休だった。

画像


やっぱり平成最後と令和最初の御朱印はほしいっと言うことで、平成最後は実家の近くの十日恵比寿神社にお参り。
小さい頃は実家が商売をしていたので1月にはお参りしていたけど、ここ最近は凄い人出もあってずっとお参りしていなかった。

細々と事業を続けている実家のこともあり、妹と改めてお参りすることに。

県庁がある東公園内の神社は朝一番に行ったこともあり、雨上がりで緑が美しく清々しい気持ちでお参りができた。

平成最後の日、母が珍しくお出かけしたいと言い出した。 妹の義父がずっと入院してあるのでぜひお見舞いに行きたいらしい。

久々のお出かけなので妹と父と4人でまず大好きなうどん屋さんでランチ。 その後病院に行くとちょうどお義母さんも来てあって、久々の対面に涙ぐんで感激してくれた。

お義父さんもかなり具合は悪そうだったけどおしゃべり好きは相変わらず、起き上がっていろいろ4人で話がはずんでいた。 母も思い切って出かけて良かったと喜んでいた。

令和最初は実家の氏神様から。

画像


朝早く行ったけど、社務所にはかなりの人が御朱印待ち。 それでも15分くらいで頂けた。

その後、令和記念の御朱印が頂けると聞いて、初めて住吉神社へ。

博多駅近くの町の中なのに、鳥居をくぐり参道に入るとそこだけ澄んだ空気の静かな空間が拡がり、とてもビルの中とは思えない静けさだった。

画像


お参りして社務所に行くとここはかなり長い列が。 神社の方たちも令和に変わって忙しいのに御朱印の対応でちょっと気の毒になってしまった。 記念のお菓子も一緒にありがたく頂く。

画像


令和の初日、明治神宮など有名な神社は御朱印待ちが8時間とか大変なことになっていたらしい。

私が良くお参りする武雄神社も4時間待ちでも対応できず、翌日はお休みされたと聞いた。

中には神社の人にクレームをつけたり怒鳴ったり、挙句の果てにはメルカリやネットオークションに出品とか、神社の方たちのご苦労話がかなりあったようだった。

お参りもせず人がもらった御朱印を高額で買って嬉しいのかな。

神社や仏閣巡りが好きだった父は、今はなかなか出かけられないので私たちの御朱印帳を見て、お参りした神社の話を聞くのを楽しみにしている。

日本全国いろいろなところを旅していた両親なので、自分たちも御朱印頂いてたら凄い数になっただろうね。 その分写真がたくさんあるから思い出にはなるけど・・・

連休明けは7時出社だった娘。 この1週間はかなり忙しかったらしく、週末は連休明けの疲れを癒してる

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック